デュピクセント治療について

2018年からアトピー性皮膚炎に対して保険適応となった、注射のお薬です。日本で開発されました。現在では海外も含め、すでに4万人の方が使用している、安全性の高いお薬です。アトピー性皮膚炎だけでなく、喘息や鼻茸の患者さんも、すでに使用しています。
月に2回ご自宅で自己注射をします。

注射を受けられる条件としては以下の様になっております。

  • 15歳以上の方
  • 今まで治療したのに治りが悪かった方
  • 皮膚炎の面積が広い方(正式な基準があります。あまりに小範囲の方には使えません。)

このように、希望した全ての方が注射を打てるわけではありませんので、ご注意ください。
なお、デュピクセントはアトピー体質を根本的に治すものではありませんので、継続する必要があります。

さらに、患者様にとって問題になるのは、費用の面だと思います。高いお薬なので、3割負担の方で 注射代は1本約20000円ほどかかります。1ヶ月に2回打ちますので、4万円かかります。但し、高額療養費制度や入っていらっしゃる保険組合に助成金などありますので、それらを使っていただくと、費用を安く抑えることが可能です。こちらについては患者様ご自身で調べていただくことになります。個人情報となりますので、ご本人にしか確認できない項目となっております。

デュピクセント治療についての詳しい説明は、製薬会社が出しているパンフレットをご覧いただけますので、こちらをクリックしてください。
(リンク先では「弊社製品をご使用の患者さんへ・・・デュピクセントによる治療を受けていますか?」の質問に対してYESを選んでください)